子供や赤ちゃんの熱中症、予防と対策

熱中症の分類と対応方法

 

 

熱中症の重症レベルは3段階に分けられています。重症I度は軽症なので、日陰で休み、水分補給をすれば大丈夫です。

 

重症II度は中等症で、自分で水分を摂れない場合は病院に行って補液を受ける必要があります。汗を大量にかき、水分と塩分が不足しています。脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などは熱疲労が原因です。

 

重症III度は重症で、すぐに救急車を呼ばないと危険です。救命医療を行っている医療機関へ搬送、入院治療の必要もあります。突然意識を消失したりすることもあります。顔面は蒼白になり、呼吸回数の増加、熱けいれんの危険性もあります。

 

中枢機能に異常をきたすのは熱射病です。体温が上昇し、応答は鈍く、言動もおかしくなって、意識もうろうとなります。発汗停止が認められ、最悪だと多臓器障害を合併して死亡することさえあります。

 

ここまでの話で熱中症がいかに危険なのかがわかったと思います。熱中症対策の塩分摂取ですが、それが必要なのは、屋外でかなり激しい運動や作業をしている場合だけです。一般的な日本人は普段の食事で十分に塩分を摂取できているので、塩分を特に補給する必要はないそうです。

 

熱中症の予防で一般的な方法は、やはりまずは水分補給です。特に暑い時には、こまめに塩分の入ったスポーツドリンクなどを摂るのがいいでしょう。

 

水分が急激に失われ、体重が2~3%減ると、運動能力の低下、体温調節能力の低下で熱中症になる可能性が一気に増加します。運動前に少し塩分摂取を増やすというのも効果的です。特に気温が高い時は、無理をせずに飲水休憩をとるようにしましょう。

 

ただし、緑茶やコーヒーは利尿作用があるため、水分補給目的には適していないので注意してください。